末期がんとホスピタリティー

末期がんとホスピタリティーについてです。
「がん」とひとことで言っても、ガンには種類もありますし、進行具合によるステージというのがあります。

最近は医療の目覚しい進歩により、早期発見で早期治療が可能なら、がんも不治の病ではなく完治可能なものになりつつあります。
しかしがんになっている場合でも、末期になるまで自覚症状が全くないケースもあります。
なんとなく調子が悪い日が続くので、病院で検査をしたら末期ガンだと診断されたというケースも決して珍しくありません。
末期がんの場合は治療ができないため、ホスピスでできる限り苦痛を和らげることになります。

ホスピスというのは、ホスピタリティー(もてなす)という意味から来ています。
末期がんの患者さんの苦痛をできる限り取り除き、精神的に落ち着ける環境で余生を過ごす場所です。
現状はホスピス病棟のベット数は限られていて、すべての末期がんの患者さんがホスピスで過ごせるということではありません。

そこで最近ではホスピスと同じ末期医療を、病院以外でも可能にした緩和ケア住宅というのも増えてきています。
しかし今はホスピタリティーに対する考え方も変わってきていて、末期がんの患者さんに限定せずに、がん患者全てに緩和ケアをしようと考える病院も増えてきています。

がん治療というと、手術、放射線治療、化学療法が主になりますが、治療方法も新しくなってきていて、患者さんにかかる負担や痛みを軽減することも可能になってきています。
このようにホスピスが必ずしも、末期がんの患者さんだけのものではなくなってきています。
もてなすという意味も含め、ホスピス=緩和ケアというような考え方に変わってきているのです。
ホスピスやホスピタリティーというのは本来、患者さんの精神的&肉体的な痛みを緩和するものですが、病院の方針や医師の考え方で少しずつ変わってきています。

もしもがんと診断されても、治療法も以前より選択肢が増えているので、家族とよく話し合い自分が納得出来る方法を選べるのです。