患者と家族とのコミュニケーション

もしも家族の誰かが、がんだと医者から知らされたら・・・すぐに本人に告知するかどうか決められないものです。
例えばものすごく心配性で、ちょっとしたことでもパニックになってしまうような性格の人には、そう簡単にがんだとは言えませんね。
中には最後まで本人に知らせずにいてほしいと、希望する場合もあります。
しかし入院が長引いたり、放射線治療などがん特有の治療が必要になる場合は、本人もいつかは気づいてしまうでしょう。
この時家族や医師に対して、不信感を持つ人もいます。

がん治療をする場合には、本人は体も精神的にもとても辛い思いをすることになります。
今は以前と比べて医学も進歩していますし、新しい治療法も確立されてきています。
早期発見の場合は早期治療も可能になるため、ガンも不治の病ではなく完治可能な病気とされ始めています。

しかしどうしてもがん=死というイメージはまだ、根強く残っています。
その人の性格上、本人には告知しないほうがベストな選択肢であることも否定はできません。
しかし治療を進めていく上で、本人が病気を受け入れ治療に前向きでいることも重要になる場合もあります。

医師の方針や、家族の考え方にもよりますが、最近は告知するほうがベストだという考えも増えてきています。
患者と家族とのコミュニケーションもとても重要になるのです。
もしも本人に隠し通そうとして、それを何かの拍子に本人が知ってしまった場合には、受けるショックも倍増する可能性もあります。
がん治療には家族の支えが何よりも必要になるので、本人が知っているかどうか、がんだということを受け入れているかどうかも大きく関係してきます。
ただすぐに知らせるのが正しいと言えない場合もあります。

本人に告知するとしても、そのタイミングも重要です。
常に患者と家族とのコミュニケーションが取れていれば、そのタイミングも自然とわかってくるはずですね。
病気に関係なく、日頃から家族同士のコミュニケーションは大切です。