療法と緩和ケア

がんは直接的に命に関わる病気ということもあって、がんと診断された患者さん本人はもちろんのこと、その家族や周囲の人もショックを受けてしまいます。
がんの場合は初期には全く自覚症状のないものも多いのですが、進行するに従って痛みという症状が現れることもあります。
しかし痛みはこれだけとは限りません。

結果的には全てがんが原因となっていますが、例えば組織細胞を検査するために手術をすることもありますね。
この時傷口が痛むこともありますし、化学療法の副作用で痛みを感じることもあります。
高齢者の場合や、かなり症状が進行している場合は寝たきりになってしまうこともありますので、床ずれなどの痛みもあります。
身体的な痛み以外にも、精神的な面や心の痛みもあります。

がん治療の方法も新しい方法が確立され、以前よりも選択肢も増えています。
ガン自体を治療することも重要ですが、がんか原因となって感じる様々な痛みには、緩和ケアも欠かせません。
がんと診断された場合は、どうしてもがんだけの治療に目を向けてしまいがちです。
しかし多くの場合は心にも大きな痛手を背負うことになります。
だからこそトータル的な緩和ケアが必要なのです。

最近は、ここに注目する病院も増えてきていますので、専門のカウンセラーが常駐していて、がん患者やその家族はサポートを受けることも可能になっています。
緩和ケアは大きく分けて2通りの方法があります。

ひとつはホスピスです。
ホスピスではあらゆる痛みに関しての緩和ケアと、患者さんだけでなくその家族の心もケアも行います。
ホスピスというと病院内の病棟というイメージも強いのですが、最近では自宅でホスピスケアを受けることも可能になってきています。
ホスピスには、治療や延命処置を希望しない患者さんもいますので、緩和ケアという意味では最もサポートを必要とする場所でもあります。

痛みを緩和する方法も選択肢があるので、この場合は患者さんやその家族の意思を尊重した緩和ケアを行います。