がんと共に働く

がん=不治の病というイメージが強い中、現状では早期発見できれば早期治療が可能になるので、がんを克服している人も増えています。
しかし早期発見と早期治療で、一旦は完治したとしても、再発する可能性も否定できない部分はあります。

イメージとしては、がんと診断されたら長い間入院し、手術が成功しても自宅療養を余儀なくされ仕事には復帰できないこのように考えてしまいますね。
しかし今の医療は日々進化し続けているので、がん治療をしながら働いている人もいます。
もちろんすべての人がこうなるとはいきませんが、がんの状態やその人の健康状態によっては、がんと共に働くことも不可能ではなくなってきているのです。

がんと共に働く、これを可能にしている人は、自分ががんであるということや、一旦は克服していても再発の可能性がゼロではないということを受け入れている人です。
つまりがんと共に働く、これを可能にするには、自分自身が受け入れることも大切です。
人によって違いはありますが、がんと共に働く場合も、治療や定期検診を続けながらというのが大前提になります。

治療や検診の日は、仕事を休まなければいけないこともあります。
治療内容によっては、数日間の入院が必要になることもあります。
もちろんこれには家族や周囲の人の理解とサポートも欠かせません。

最近は手術方法や、放射線療法、化学療法も以前と違い、患者さんへの負担を軽減できる方法も確立されています。
今までの抗がん剤は、副作用が強いものばかりでしたので、がんと共に働くのはほぼ不可能に近い状態でした。
最近では副作用の少ない抗がん剤も開発されています。

治療法もひとつだけを選ぶのではなく、複数を組み合わせるなど選択肢も増えていますね。
この医療の進歩も、がんと共に働くことを可能にしていると言えます。
このことから地域や会社でも、がんと共に働く人をサポートしようとする体制が確立されつつあります。
がんと共に働く人をサポートする団体もあります。