相談窓口

もしも自分や家族が、がんと診断されたら・・・どうしたらいいかわからないことも多く不安でいっぱいになってしまいます。
がんと診断された場合は、早期治療も重要になりますので、いつまでも落ち込んだり悩んでいるわけにもいきません。
しかし何をどうしたらいいか?
わからないまま先に進むことはできませんね。
この場合はまず病院の相談窓口に相談してみましょう。

がん治療を行っている病院には、必ず厚生労働大臣指定の相談支援センターというのがあります。
がんの種類にもいろいろありますし、進行状況によって治療内容も変わって来ます。
治療方法やその内容、がん治療には費用もかかりますので仕事のことや生活のことに関しても不安でいっぱいになってしまいますね。
そういう悩みを抱えるがん患者やその家族の相談に乗ってくれるのが、相談支援センターの役目です。

各病院によっては呼び方が違う場合もありますが、医師や看護師に相談窓口があるかどうか尋ねれば教えてもらえるはずです。
中にはがんと診断されたわけではないが、もしかしたら自分はがんかもしれないと思い悩んでいる人もいます。
そういう時にも相談に乗ってもらえますし、検査方法などアドバイスをしてくれます。
最新の治療方法や、がんとの付き合い方、治療に関する注意点や心構えなどあらゆることに答えてくれます。

セカンドオピニオンを受けたいと考えることもありますね。
これは当然の権利なので、申し出ればアドバイスもしてもらえますし、担当医に紹介状を書いてもらうこともできます。
しかしセカンドオピニオンを受けたいと申し出るのにも、勇気が必要です。
その場合もサポートやアドバイスをしてくれるので、心強い味方となってくれるでしょう。

がん治療をする場合は、必ずしも診断された病院であるとは限りません。
がんの名医と呼ばれる人の病院を紹介して欲しいとか、最新の治療法を導入している病院を知りたいというような相談にも乗ってもらえます。
困ったときには、相談窓口を探してみましょう。