上手につき合う方法

日頃から健康診断をしていても、診断内容によってはがんを発見できない場合もあります。
がん予防には一般的な健康診断ではなく、がん検診も必要です。

しかしどんなに気をつけていても、がんになることはあります。
もしもがんになってしまったら、もちろん治療を開始するのが早いほど感知する可能性も、生存の可能性も高くなります。
がんと診断されれば誰だってショックをうけますし、本人だけでなく家族も同じようにショックを受けてしまいます。
この時、がんと上手につき合う方法を知っておくことで、精神的にも少し負担が軽くなるかもしれません。

しかし誰よりもショックを受け、精神的にも落ち込むのはがんと診断された本人です。
想像以上のストレスもかかりますので、精神的なケアは治療と同じくらい重要になります。
がんの原因にもいくつかありますが、ストレスもがんの原因だと考えられています。
さらにストレスががんを悪化させるとまではいかないものの、精神的にも負担がかかるためストレスも相当なものになると予測できます。

この時大切なのは、本人や家族、周囲の人のガンと向き合う姿勢です。
家族や周囲の人のサポートも必要ですね。
自分たちではどうしていいかわからないこともありますので、こういう場合は病院にいるソーシャルワーカーに相談してみるのも一つの方法です。
がん患者やその家族のための、カウンセリングを行っている病院もあります。
専門家に相談することで、適切なアドバイスを受けることができますね。
治療に専念できるような環境作りも重要です。

しかし口で言ったり、文字で表すよりも実際はとても大変なことです。
こういう場合にも、専門家なら的確なアドバイスをしてくれるので参考になるはずです。
家族がどのようにサポートしたらいいか、リラックスできるような環境作りの方法など相談に乗ってもらえます。

その人個人の考え方にも違いはありますが、家族でよく話し合いがんと上手につき合う方法を見つけていきましょう。